簡単な足踏み運動でスリムになる

スリムな体に憧れるけれど、運動は得意ではないという人は、簡単な足踏み運動でのダイエットがいいでしょう。全身の脂肪を効率よく燃焼させるには有酸素運動が欠かせないものです。有酸素運動にはジョギング、水泳、ウォーキングが含まれます。そして、家庭でできて簡単な足踏み運動も有酸素運動の一つです。体力的につらい運動ではないですし、家でテレビやDVDを観ながらでもできる運動なので飽きっぽい人でも続けることができます。継続することによって体重が増えにくくなり、いずれはスリムな体になることができるでしょう。足踏みによって小腸や大腸も刺激されることから便秘解消にもつながります。足踏み運動を行う前には、準備体操としてじゃんけんの要領で足の指を動かし、血液を回します。足の裏の筋肉がほぐれスムーズに動くようになります。足踏みするときは、太ももと床が平行になるぐらいまで足を上げましょう。膝の高さは高い方がより多くのカロリーを使います。背筋を伸ばすこと、腕を大きく振り上げることもポイントです。1日2回、平らな場所で50回ずつ足踏みをするだけで基礎代謝がアップし、簡単にスリムになることができます。一定のリズムでの足踏み運動を、毎日実行することがスリムになるためのコツです。簡単にできる足踏み運動を日々の生活習慣に取り入れてスリムな体を目指しましょう。

簡単なストレッチ運動でお腹をスリムにできる

簡単にできるストレッチ運動で、下腹部をスリムにすることができると言われています。年齢とともに、お腹まわりにはお肉がつきやすくなり、気になっている人も多いのではないでしょうか。お腹に力を入れて何かをすることが日ごろは少ないため、気づくと下腹部は脂肪が多くなりがちです。簡単なストレッチを続けることで、スリムなお腹まわりを手に入れることができます。腰のツイスト運動は、お腹周りをスリムにできる手軽な運動といえます。肩幅に足を広げて両ひざをつきます。手は頭の後ろでしっかりと両腕を広げます。下腹部のツイストをイメージしながら、上半身を軽く右側に回転させます。その状態で右側に体を倒しましょう。10秒数えたら元に戻します。ひねった状態まで戻して左の体側を伸ばします。同じ動きを3回繰り返すだけでとても簡単です。反対側も同じように行いましょう。ストレッチ運動の重要なことは継続することですが、ドラマを見ながらやるなどすれば継続しやすくなります。回数や秒数はあくまでも目安ですので、けっして無理をせず自分の体力に合わせて行うことも大切です。簡単にできるストレッチですが、毎日続けることによってスリムなお腹まわりになることが可能です。簡単にできるストレッチをダイエットに取り入れてスリムなお腹を目指しましょう。

下腹をスリムにするには簡単な体操でも可能

下からを簡単にスリムにするにはどうすればいいでしょう。ぽっこりと出たお腹をスリムにしたいと思っている人が多いようですが、簡単な体操で下腹をすっきりさせることができるといいます。スリムになりたいのに、運動ではいま一つ効果を実感できないという人もいます。体にはたくさんの筋肉があり、すべて連動し関係しているといえます。体の筋肉は連動し合いながら、動作や姿勢がスムーズにできるように働いています。筋肉のある部分に使っていない部位があると、その周囲には脂肪がつきやすくなります。下腹が簡単にスリムにならない原因は運動不足もありますが、デスクワークで椅子に座って背中を丸めた姿勢も要因となります。たまにはイスから立って筋肉をほぐすストレッチを行い、適度に刺激することでスリムな下腹になれるでしょう。まずは前足の膝が90度より少し大きめの角度になるようにして膝をつきます。後ろの足を伸ばし、前の足を心もち曲げて、体を前側に倒します。体が前に曲がらないように気をつけましょう。背筋をまっすぐにしたまま両手を真上で合わせ上にもしっかりと伸ばします。そのままあお向けの姿勢になって膝を直角に曲げ、両手や膝で互いに押し合うようにして力をかけていきます。簡単なストレッチを毎日少しずつ続けていれば下腹はだんだんスリムになっていくでしょう。